処女好きの妄想

自分で処女喪失する

喪失というと、何かネガティブな感じのする好意である。処女喪失以外では記憶喪失がまず浮かぶが、資格や権利を失うことも喪失というと、マイナスのイメージであろう。まあ、それはさておき、行き送れて処女だと、コンプレックスが激しくなり、人知れず処女喪失したいなどという欲求に駆られる。まあ、童貞喪失についても同じで、ソープで人知れずという男性も少なくないだろうが。まあ、いろいろと妄想が生まれてもしょうがないでしょう。

ということで、コンプレックスをもった女性が自分でロストバージンしたというサイトがあった。厳密には、ロストバージンではなく、単なる処女膜の損傷破瓜)である。でも、わかるよ。あなたの気持ち。ということで、このページでは、セックスによらない処女膜の損傷も、処女喪失としてあげよう。

ペニス以外の何か(彼女の場合は、ピンクローター)で処女喪失ができることはわかるが、本当にするとは。初体験が、バイブや、ナスやきゅうりではかわいそうであるという意味もあるが、あんな痛いこと本当に自分でできるなんて、敬服してしまう。

処女喪失がどんなに大変か。数人の処女喪失させた管理人はよくわかる。普通は、自分ではとてもできないことだよ。本当に困っていたんだね。それから、婦人科のことを信用していなかったけど、その気持ちわかるけど、この先婦人科のお世話にならなくてはいけないときがくる可能性が高いよ。例えば、出産とか。処女喪失より、はるかに痛いよ。だからむげに嫌わないでね。

このタイトルだけを見ると、割と簡単に処女喪失を実行できるような気がするけど、よく読めば、そう簡単にまねできないことがわかる。真似しようとする人がいたら、私にバージンをください。処女は大切です。だから、自分で喪失しないで、私に処女をください。高齢でも何でもかまいません。

お金がほしかったらアダルト番組に出演するか、自分の処女をオークションにかけてください。でも、そんなこといわず、私にささげてください。きっといいことがありますよ。例えば結婚や恋愛の運勢だったり。