処女好きの妄想

卒業

春は卒業と入学、別れと出会いの季節ですね。また、悲しい別れもありますが、知らないところで新規一転するチャンスでもあります。

卒業は、学校の全課程を終えることであるが、処女喪失して、大人の女になることも、卒業と表現されることがある。

学校の卒業は、定められた年限の学習を完了しなけばならないが、処女からの卒業は、1日で済む(もちろん、失敗する場合もあるが)。ということであるが、こちらでも、処女の膣に入らない何回やっても入らないということも多々あり、学校の卒業より長い年月を要する場合もある。初挑戦から、10年以上かかったという女性もいる。

厳しい学校では、年限だけでなく、試験等でまともな成績をとらないとけない。大学院の博士課程なんて、卒業(課程の終了)では意味がなく、博士号をとらないといけないなんて、厳しいところもある。私なんか、処女を卒業させてと言われれば、すぐに卒業させてあげるのに。

ところで、処女からの卒業は、ちょうど高校を卒業したあたりに集中する。歳で言えば、初体験の年齢は18歳ごろか。大学生で未経験だと、少し焦るかもしれない。でも、卒業までの半年で、答えを出せと・・・ということにもなりかねないので、動画の見すぎとあわせて、ご注意を。

「卒業までの半年で答えを出せと言われても」は、同棲の歌ですが、処女喪失は、特定の相手でなければならないという場合を除き、卒業までに答えを出す必要は、必ずしもありません。新しい世界で新しい出会いを探すという方法もあります。