処女好きの妄想

ザ・処女喪失

パラダイステレビというスカパーの成人向け番組専門チャンネルで放映されている番組。毎週火曜日夜11時台に放映。ホームページはこちらAVにもなっています。

これだけエロい番組が、アダルトDVDではなく、スカパーで(ホテルの夜の楽しみではなく、一般家庭の夜の楽しみとして)放映されていることに、驚きを感じました。そんなに喪失ものは、儲かるのか。

内容は、処女喪失希望の女性を一般から募集し、処女喪失のようするを放送するというもの。見たことは無いので、詳細はわからないのですが、処女のままフェラチオされえられるようです。でも出演する女性は、自分のロストバージンが全国放映されることを、どのように思っているのか。もちろん顔出しである。

番組内で公開面接をやっていて、そこで処女喪失するかどうかを決意するそうです。現在、番組内で99人が初体験し、そのもようが放映された(放映予定を含む)そうです。99人目は詳細不明ですが、98人目は、25歳処女のあやめちゃん、その前は、23歳処女のほのかちゃんでした。

ところで、番組を作っているスタッフは、どのように感じているのか。目の前で、ペニスを触ったことのないような美少女の生娘が、男優に犯されていく。そんな処女喪失の光景を定期的に見ていたら、変にならないのだろうか。自分も処女に挿入してみたいとか、思わないのだろうか。エロ動画やアダルト画像作成のビジネスだから、ゴルゴ13のように冷静でいられるのか。人の彼女じゃなければ破瓜されても関係ないのか。処女膜や出血も見慣れてしまうのか。ロストバージンは、そんなに軽いものになってしまうのか。